有限会社トミーウォーカーの「無限のファンタジア」で活動している、ウィルア(a06858)の雑記です。 意味不明ーな方は回れ右して下さいませ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああ……誰も送りたくはなかったのに……

やだ やだよ……


 むかし、よく遊びに行っていたお店で、
 なんどもなんども言葉を交わした人が、いなくなっちゃった…

 ずっと、面白い人だと思ってた。
 それだけじゃなくて、周りのことをすごく気にして気遣える人。
 そういうところは、いいなと思ってて、少し憧れてた。


 みんな みんな 世界を守ってくれて、ありがとう。


もちろん、帰ってきてくれたみんなにはおかえりなさい。
そして、ありがとう。
また、言葉を交わすことができることが、とても嬉しい。


ああ…やっぱり誰だっていなくなっちゃうんだ。
あの時に、わかってたはずなのに。嫌なほど理解したのに。
やだよ。もう。こんなの。
死を悼む声も、いのりの声も、なきごえも、
ぜんぶきこえなければいいのに。
そうすれば、わすれていられるかもしれないのに。


ねえ、かみさま。
私だって、この世界を愛してます。
そして、私は、この世界にいる皆のことも愛してるんです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。