有限会社トミーウォーカーの「無限のファンタジア」で活動している、ウィルア(a06858)の雑記です。 意味不明ーな方は回れ右して下さいませ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事を書いているのは背後です
精霊様たちのドS?っ!!


これ、特務みるとなんとなく展開予想付くけど、同盟に居るキャラは特務で起きてることわかんないですもんね。
だいたい、それも間に合うのかわかりませんし。

どちらも、選択するだけで死んじゃう危険がありそうですけど…


ウィルアはこの状況で何もしないでいることができません。
自分でも驚くほどあっさり覚悟することができました。

ということで、ちょっと行ってこようと思います。



重傷で戦いに行かせることを、普段の私なら責めるんですけど、今回だけは何も言えません。
死ぬ人が一人でも少ないといいなあ…



+++


戦うのとは少し違うかもしれないんだけど、ウィルアは街の人の側にいるつもりです。
一番したいことを考えるとどうしてもそうなるから。


+++

落ち着かないのは背後も一緒。
明日早いのに眠れない。眠たくもない。
明日、オケの練習あるから結果もすぐに見れないし。

…落ち着かないー…


手紙も書こうと思ってるのに。
書いてるのに。全然文章まとまらない。

自分で思った以上に動揺してるよう……
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。